ピルは一般的に避妊薬で使用されることが多いですが、避妊効果以外にも肌荒れ改善などが望めます。肌荒れはホルモンバランスが乱れることによって皮脂分泌が増加してしまいニキビ・吹き出物が出ます。そんな肌荒れにもピルはとても効果的です。

日本産科婦人科学会が定める避妊の時期について

避妊は妊娠を避けることであり、さまざまな避妊法があります。避妊法で優先されることとしては母体に対して悪影響を与えないことであり、ついで妊娠を避けるということになります。
日本産科婦人科学会が定める避妊法としては、コンドーム、ベリッサー、殺精子剤、オギノ式、子宮内避妊器具、そして経口避妊薬として低用量ピルと緊急避妊薬に使われる中用量ピルがあります。コンドームは男性のペニスにラテックスのスキンを被せるというもので物理的に精子を女性器内への侵入を防ぐものです。タイミングとしては性交前に装着しますし、1枚あたりのコンドームの価格も安価です。また性器同士が直接、接触しないため、性感染症の予防にも役立てることができ日本産科婦人科学会でも推奨される方法です。なお、失敗率は3%ですが、破損のリスクもあるので使用には注意が必要です。
一方で経口避妊薬の場合には、服用する時期が難しいものの高い成功率があります。ピルとも呼ばれ、低用量ピルと中用量ピルがあり、いずれも女性ホルモンに作用して排卵抑制や受精卵の着床や精子が子宮内に進入するのを阻害します。低用量ピルの場合には1セット28日周期が基本で、服用開始時期は生理がはじまった直後からスタートする必要があります。低用量ピルでは21錠と28錠があり、いずれの場合も21日間服用して7日間は休養するパターンが基本で、28錠の場合でも最後の7錠は効果のないプラセボとなっています。一方で中用量ピルは緊急で妊娠を避けるために使用されるもので、飲む時期も性交後72時間以内に服用することで妊娠を避けることができますが、低用量ピルに比べて成功率は高くない傾向にあります。
日本産科婦人科学会では、コンドームなどを推奨していますがほかの方法と組み合わせることで望まない妊娠を避けることができるとしています。