ピルは一般的に避妊薬で使用されることが多いですが、避妊効果以外にも肌荒れ改善などが望めます。肌荒れはホルモンバランスが乱れることによって皮脂分泌が増加してしまいニキビ・吹き出物が出ます。そんな肌荒れにもピルはとても効果的です。

避妊目的や生理トラブル改善にはピル

ピルは避妊目的や生理トラブル改善のために服用されることがあります。避妊目的や生理トラブル改善には、低用量ピルが処方されます。低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分として配合されています。以前使用されていた、高用量・中用量ピルと比べるとホルモン含有量が5分の1から10分の1まで減っているため、身体への影響が少なく、副作用も少ないです。
低用量ピルを飲むことで、避妊や生理トラブルが改善できる仕組みは、排卵の抑制と子宮内膜が着床に適さない環境にできることです。服用することにより、含まれている女性ホルモンの血中濃度が上昇します。血中濃度が上昇することで、卵巣から女性ホルモンが分泌されていると感知し、脳の視床下部に抑制がかかります。視床下部からは下垂体を刺激するような物質の分泌抑制や下垂体からのホルモン分泌が抑制されるため、排卵が抑制されます。また、子宮内膜の増殖が着床に適さない環境へとなることで、子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌量が減少します。プロスタグランジンの分泌が過剰になることで、子宮の収縮が強くなり痛みを引き起こすため、分泌量が減少することで、生理痛や出血量の軽減が可能となります。
低用量ピルのメリットは、望まない妊娠の予防ができることです。正しく使用することで、排卵が抑制されるため、ほぼ100%の避妊効果が得られます。服用を中止すれば、速やかに排卵が開始されるため、計画的な妊娠・出産が可能です。また、消退出血が規則的に起こるため、予定が立てやすくなります。月経前に起こるイライラや気分不良などの月経前症候群の緩和を期待できます。服用することでホルモンバランスが整うため、ニキビや多毛症などの治療薬としても使われています。